« 稲刈り | トップページ | 秋晴れ »

2006年10月 6日 (金)

うだつの街並み

大学以来の悪友uyotiasが西日本ほとんど半分以上ツーリング?の帰り道に我が家に遊びに来てくれました。

前日の夜は可夢庵で日本酒を楽しむ。
ここの日本酒はほんとうにおすすめです。

で、翌朝早くから息子におこされた彼は、サッカー、一輪車などの相手をしてくれて、うちのばあちゃんのお墓参りまでしてくれました。ありがとう。

Ichirinsha 子供ってすごい。





荷物を取りに行ったり、うどんを食べたり、駅にサングラスを忘れたりで、午後も3時を過ぎて美馬市脇町のうだつの街並みに到着。


そこは・・・

往事脇町の中心は南町で、約430mは明治以前の本通りであった。

1585年阿波藩主となった蜂須賀家政は、第一家老稲田植元を阿北の要衝脇町城代として配した。植元は阿波藍を奨励し、藍商を中心とした商人の町とした。

古い商家の面影を伝える本瓦ぶき、塗り籠め壁の重厚な家々が軒を連ねている。
隣家との境の2階の壁面には、「うだつ」という火よけ壁を持つ家が多く、日本でも珍しい古い街並みである。
また茶の子町は、壁に囲まれた静かな落ち着いた雰囲気である。


~美馬市脇町産業観光室のパンフレットより~

というところです。

Setumei_1うだつについての説明があります。



Udatu うだつはこんな感じ。うだつの上がるオトコになりたい・・・。


うだつの後ろに見える白い窓は、むしこ窓(虫籠窓)といって、木枠の窓に練り土に漆喰を塗り固め、盗難よけ、また明かり取りと風通しを良くするために作られた窓だそうです。

Machinami_1 Udatumatinami_2Udatumatinami2_3



うだつの街並み

人があんまりいなくて、変に観光地化されてないのがいいです。
空き家もありますが、実際に住まわれている家もあって、生活のニオイがします。

開け放した玄関の中をちらっと覗くと、近所の旦那衆が集まって麻雀大会をやっておりました(笑)。


饅頭屋(上の写真の真ん中のお店)の店頭にはラムネが並んでます。

「ああ、ラムネ売ってるんだ・・・懐かしいなぁ、久しく飲んでないなぁ・・・」って思いながら、通り過ぎてしばらく歩いたときuyotiasがふいに「今ラムネ売ってたよな」。

おお、気がついてたのか。「飲んでく?」「おおいいねぇ」ってことで引き返して一休み。

なんだ、お互い飲みたかったんだな。

おみやげに麦だんごを購入。素朴な味です。


Ponpu

文化10年の札のあるポンプ。外国製らしいですが、高そうで当時の商家の勢いを感じさせます。
ちなみに、文化っていつよ?って方は、下の続きをご参照下さい。



Post

 

明治期の郵便ポスト

レプリカだとは思いますが、ここで使われています。


Yoshidake1 吉田家住宅の船着場から
寛政4年(1793)に建てられ、脇町最大の床面積をもつかつての藍商人の家。
かつてはここから船荷の積み卸しをしていたそうです。

ちなみに一昨年の台風23号の洪水はこの石垣の上まできたそうな。

Yoshidake2 Funatukiba
船着場の裏から




Yoshidake3
吉田家住宅内部。部屋数は25!
梁の太さと造りの重厚さに圧倒されます。
金かかってるなぁ~って素直に感心します。

Tansu
別の商家にあった鎌倉彫のたんす。



Kaidan
階段下にこしらえた収納



Aigame
藍染め用の甕




地元にこんな素晴らしい街並みがあることを再認識させられました。
今度は古い街並み巡りもいいなぁ。

ところで、文化から明治までの元号の流れは

こちら↓

                                                                                                                                                                                                                                                                                       
文化元年1804
文政元年1818
天保元年1830
弘化元年1844
嘉永元年1848
安政元年1854
万延元年1860
文久元年1861
元治元年1864
慶応元年1865
明治元年1868

|

« 稲刈り | トップページ | 秋晴れ »

コメント

おお!ブログがショット・バー風に(笑)。あの店も良かったですね~。ホント色々と連れて行って貰い有難うございました。自分のブログでは、こんなに丁寧なガイドは出来ませんので、とんじんさんの筆力に圧倒されました。
自分の知らない所で、こんなに写真を撮られていたのですね。このままガイドブックになりそうです。
とんじんさんのご家族は余り評価されていませんでしたが、自分は好きですよ。ああいう所。
うだつの街並み以外にもホントお世話になりました。。。

投稿: uyotias | 2006年10月 8日 (日) 16時48分

uyotiasさん>
実は、街並みの写真2枚と船着場裏側の写真は、フリー素材を検索して頂きました。
ちょっとその写真だけ秋が深まってるのわかるかな?
ガイドはパンフレットの受け売りです。
今度は入場料払って吉田家住宅の中を見てきます(笑)。
今日秋鹿送りました。またみんなで飲んでみてね。

投稿: とんじん | 2006年10月 8日 (日) 17時00分

とんじんさん、このたびはいろいろとお世話になりました。
実は、なんとか解決することができました(^_^;)
ご厚情に感謝いたします。
ほんまいっぺん飲みましょね(*^_^*)

投稿: mami*o | 2006年10月14日 (土) 14時47分

mamioさん>
解決しましたか。良かった。
ほんま大阪出張の機会があればぜったい連絡しますんで、よろしくお願いします。

投稿: とんじん | 2006年10月14日 (土) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142844/12174691

この記事へのトラックバック一覧です: うだつの街並み:

« 稲刈り | トップページ | 秋晴れ »