« 2/2鵜の田尾~大坂峠 | トップページ | ファ~~イブアロ~~ズ »

2008年2月 8日 (金)

2/7眉山八万

2/7 仕事帰りに一本

14分52秒・・・結構一生懸命に走って、久々に15分切りなのですが、自己ベストにはまだまだ。


今朝は今週2回目の広域農道出勤。

土成方面の路面は乾いてたんですが、あすたむランドの手前から畑に残雪、路面には氷・・・・。

昨日の夜寒かったと思ったらこっちの方ではけっこう降ったんですね。

今朝は靴下に貼るカイロを上下でサンドイッチ方式にしてみました。ずいぶん暖かい。
靴がキツイのと、カイロがもったいないですが、真冬のロングライドはこれで何とか対応できそうです。

所々凍結した上り坂でペダルを踏み込むと、「シャリッシャリッ」タイヤも空転気味。

あの年末の大坂峠も・・・・・こんな状況で登る人はすごいなぁと感心です。


しかし・・・・・よく考えてみると俺なんでこんなことしてるんだろ??

寒いし、苦しいし・・・・。


でもやっぱり楽しいんですよね。

坂をぜぇぜぇ言いながら登ってるときには、その「登る」という行動に向けて体中の組織が働いていることを実感します。あぁ、生きてるなぁって・・・・ちょっとオーバーですが。

僕はかつてラグビーでスクラムを組んでいました。
自分よりものすごい強い人と組むといいように首をねじ込まれ、押し込まれます。
逆に自分よりも弱い人と組むと圧倒的な優越感の元にゲームを支配します。
もうどうしようもない肉体の差を見せつけ、また見せつけられ
コンマ何秒の仕掛けの速さがゲームを左右し
最後に精神力の勝負となる。
誰かがミスしても誰かがカバーできる。
誰かの持つボールを生かすために誰かが犠牲となる。

そういう勝負が好きでした・・・・チームは弱小でしたが。


自転車ってそういうのじゃないと思ってたんですが
ところがどっこい。

あのヒルクライムで置いていかれるときの敗北感・・・・どうしようもない力の差を見せつけられるあの感覚や、精神力で切れるとどんどん置いていかれる無力感ってそっくりです。

逆に自分がグイグイ登っていけてるという感覚や平地を疾走する感覚。
そういう感覚に原始的な喜びを感じます。
集団走行での連帯感も楽しいのです。

あの疾走するスピード感はなんなんだろうと思ってたら、スキーに近いんですよね。

平地を滑っていく感覚。
クルマやバイクでもスピードは出るし、その楽しみもありますが、あの感覚は自転車だけのものですね。

だから普段の通勤が楽しいです。
自転車通勤+たまのサイクリングで健康になって、楽しくダイエットできたんだからこんな幸せなことはありません。
食事制限やウォーキングで痩せる方が私には辛いです。多分。

これからも、できれば一生、ロードバイクに乗り続けたいなぁ。

明日は雪になるそうな・・・・。残念。

|

« 2/2鵜の田尾~大坂峠 | トップページ | ファ~~イブアロ~~ズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142844/40047490

この記事へのトラックバック一覧です: 2/7眉山八万:

« 2/2鵜の田尾~大坂峠 | トップページ | ファ~~イブアロ~~ズ »