« 9/19鵜の田尾~大坂峠引田 | トップページ | 自転車通勤2年と4か月 »

2009年9月28日 (月)

淡路合同練習会に参加してきました。

平成21年9月27日(日)

ま~し~さんのご紹介で、大川原掲示板仲間のコンさんと一緒に、大阪の強豪サニーサイドの淡路島合同練習会に参加してきました。今回は香川のmasaさんも一緒なのでちょっと楽しみです。


聞けばツールド沖縄直前のこの時期はかなりハードな練習になるらしく、今年はロングも山もあまり走れてないので、ついていけるだろうか・・・・?と少々ビビリながら淡路道の駅に到着。
Dvc00032










すると、そこにはローディがたくさん×2。
エキップリオン・シルベストサイクルの大勢の皆さんや他のチームの方、4,5人の少人数グループまでいるわいるわ・・・。おお、山崎店長もいらっしゃいます。

さすが淡路島。ちょっとしたイベント並?やっぱり自転車ブームなんですね。

集まってくるサニーサイド、AMUSEの皆さんはとっても速そう。サカタニサイクルやSILKROAD?のジャージの方もいらっしゃいます。メンバーが揃ったところで幹事のるみこさんから洲本までの班分けが発表されました。

「とんじんさんはvanbooさんと一緒の3班です」その後「3班に一番速い人を入れました」って、うわ、まじっすか??

同じ班の他のメンバーの方はやはり吉野川CRでお世話になったTさんや、なんといってもトライアスロンのジャージを着てスペシャのTTバイク+リアディスクホイールを駆るO村さんなど・・・もう見るだけで「参りました」って感じです。

いよいよ3班のスタート
Dvc00031







最初こそ35~40km/hペースで淡々と走っていたのですが、私が先頭の時にバヒューンと何人かが抜いていき、そこから一気に集団がペースアップ。


特にトライアスリート・ラオーO村さんの走りは強烈でした。
坂道をものともせず、45キロオーバーで先頭を数キロにわたってずっと牽き続けます。
(後でブログを拝見するとやっぱり凄い方でした。)

圧倒されながら最初の休憩、洲本のローソンに到着。

コンさんと「やっぱりこのチーム、ハンパじゃないですね・・・・」とため息をつきます。

その後の立川水仙峡への登りはもっと強烈でした。

登りはじめが少しきついんですが、サニーサイドの皆さんとAMUSEのお二人、masaさんがあっというまに見えなくなりました。なんじゃ~あのスピードは(@o@)。

そして後ろからディスクホイールの「ゴワンゴワン」という音が聞こえたかと思うとO村さんが坂道をぐいぐい駆け上がって、これまたあっというまに見えなくなりました。

(後で聞くとリア21だったそうな・・・)

そのうちもう1人サニーサイドの方にも抜かれて、後ろには誰もいない。
(もしかして、私が最後尾??)慌てて、彼の後を追います。


サポートカーからも声援を受け、なんとか登りをクリア。

モンキーセンターの手前で対向してくるローディに挨拶したらAMUSEの方が引き返してくれていました。あとサニーサイドの方も1名。どうもすいませんでした。

モンキーセンターから福良のコンビニまで海岸線を快走。

Dvc00034

水色軍団と黄色のmasaさん





エキップリオン・シルベストの練習?サイクリング?とコース・休憩ポイントが重なってたみたいで行くところ行くところたくさんのローディがいます。

お互いにお知り合いの方も多いらしく、違うチームであってもみなさん和気藹々と談笑されているのがとても印象的でした。

昼食に立ち寄った福良のコンビニでは萩原麻由子選手を目撃!
「こんにちは~」ってすれ違った後、あっと気がつきましたが時既に遅し。握手でもしてもらえばよかったなぁ。

昼食後は再びアップダウンの淡路島南端の山岳コースへ。

いつものように食べ過ぎてしまい、かなり体も重いのですが、ここを越えれば後は平坦基調なので頑張ります。が、やはり、私は遅い。ああ、こんなことでいいのだろうか?

やっとこさ淡路島西岸へ。

Dvc00038
道は狭いのですが、交通量も少なく快適です。

追い風バンザイ。

風力発電も見えます。


Dvc00040
最後の休憩ポイント。

ここでもエキップリオン・シルベストの皆さんが次々に来られていました。

オレンジと水色の競演。


ここを過ぎるとあとは最初のスタート地点までノンストップです。

サンセットラインから集団のペースが45km/hオーバー、みなさんバンバン飛ばします。

緩~い登りで集団のペースが落ちたところで、平坦の勢いがついたまま先頭に出てしまい、そこから少しの間一人旅になってしまいました。ええい、このまま行けるところまでいってしまえ。
どうせすぐに吸収されるんだからと淡々と走ってたんですが、なかなか集団がきてくれません。

おそらく赤信号か何かで集団のペースが落ちたのかと。

うわ、やべぇ、一人で残り50キロぐらいあるんかな・・・かなりヘロヘロになってきたぞ。

と心配してたら後ろからゴォーッという風切り音とともに集団が来てくれました。

ちょっと、いやかなりホッとして再び集団に復帰。

このあたりからお昼ご飯もいい具合に消化されて、足が廻るようになってきました。

この間の勝手にグランフォンドもそうだったんですが、どうやらイベント後半になると調子が上向いてくる感じがします。

この西海岸での千切り合いはものすごく、集団でペースを上げていっても必ず誰かがその横を「バヒューン」と抜いていきます。

vanbooさん、オルカに乗られた方、T口さん、masaさん他の方も凄かった。

最後の方は足がピキピキ攣りそうになり、ゴール手前でホッとしたとたん先頭のペースが上がりました。

結局これには追いつけず、masaさん、vanbooさん、他何人かが先頭でゴールした後にヨロヨロと到着。

ホンマにいい練習になりました。

でも、masaさんに聞くと昨年の方がもっとハードだったとか・・・恐ろしや。

幹事のるみこさん、サニーサイド、AMUSEの皆さん他参加の皆さん、本当にお世話になりました。改めて登りの遅さに反省です。

もう少し体重を落としてパワーをつけないと(毎度の反省ですが・・・)。

といいながら、夕食は焼肉でした。

また引きずり回してください。次回もよろしくお願いします。

走行データ(サイコンの不具合のため一部不正確かもしれません)

走行距離 136.51km(休憩~再スタート時にサイコンが作動していないときがあったので)
走行時間 4時間6分(所要時間は6時間36分)
平均時速 33.3km/h
最高速度 65.3km/h
平均心拍数 161
最高心拍数 199・・・水仙峡の登りです。
平均ケイデンス 77
最高ケイデンス 121
消費カロリー 2128kcal

そういえば昨年も同じ時期に淡路島一周行ってました
ペースは大幅に今年の方が速かったです。



|

« 9/19鵜の田尾~大坂峠引田 | トップページ | 自転車通勤2年と4か月 »

コメント

お疲れ様でした。楽しいサイクリングだったみたいですね。(=⌒▽⌒=) ニャハハハ♪

打倒vanbooさんの刺客として来年も頑張って下さいね。

投稿: ま~し~ | 2009年9月28日 (月) 22時22分

ま~し~さん>
お世話になりました。楽しかったです。
が、まだまだ刺客の資格はなかったようです(笑)。

投稿: とんじん | 2009年9月29日 (火) 09時20分

お疲れ様でした!ご参加いただきありがとうございました。
毎回違う方が来られ、自転車を通じて
人の輪が広がっていくのが実感できます。

年々高速化していく秋淡路ですが、
また来年もご都合が合えばお越しくださいね。
お待ちしております。

投稿: るみちゃん | 2009年9月29日 (火) 17時55分

お疲れ様でしたー。アミューズの者です。
いやーっ速いし、お強いですねーっさぞかし日々の練習に励んではるんでしょうねー!
僕は、いつも、ローラー台ばかりに、逃げてしまってて、もっと外練に行かんとダメやなーと改めて思いましたです。
また、お会いしたときには、よろしくです!

投稿: たつお | 2009年9月29日 (火) 20時28分

るみちゃん>
ホンマにお世話になりました。
私達のような部外者でもいい雰囲気で迎えていただき、ホッとしました。
皆さん切磋琢磨しあって、楽しい人ばかりで、会話を聞いてて大笑いの連続でした。また来年も是非参加したいです。登りで皆さんを待たせないようにしないと・・。

投稿: とんじん | 2009年9月29日 (火) 23時24分

たつおさん>
コメントありがとうございました。お名前はvanbooさんのブログでたまにお見かけしていたので存じ上げていましたが、やはり噂にたがわず登りの速さには驚きました。私の練習は通勤の往復ぐらいのレベルですよ。
こちらでも速い方はローラーでのメニューをきっちりこなされているようですので、私もローラー頑張ろうと思っています。またしごいてください。次回もよろしくお願いします。

投稿: とんじん | 2009年9月29日 (火) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142844/46337511

この記事へのトラックバック一覧です: 淡路合同練習会に参加してきました。:

« 9/19鵜の田尾~大坂峠引田 | トップページ | 自転車通勤2年と4か月 »